ITインフラをトータル支援するサポートサービスインテグレーター

株式会社アルファネット

会社情報

コンプライアンスの取組

コンプライアンス概要

ミッションステートメント

大塚商会グループでは、社会的役割・責任・存在意義を『使命』として、その使命達成のために目指すべき『目標』や日々の『行動指針』を「ミッションステートメント」として制定し、内外に告示、宣言しております。

ミッションステートメント
使 命

大塚商会は多くの企業に、情報・通信技術の革新によってもたらされる新しい事業機会や経営改善の手段を具体的な形で提供し、企業活動全般にわたってサポートします。そして、各企業の成長を支援し、わが国のさらなる発展と心豊かな社会の創造に貢献しつづけます。

目 標
  • 社会から信頼され、支持される企業グループとなる。
  • 従業員の成長や自己実現を支援する企業グループとなる。
  • 自然や社会とやさしく共存共栄する先進的な企業グループとなる。
  • 常に時代にマッチしたビジネスモデルを創出しつづける企業グループとなる。
行動指針
  • 常にお客様の目線で考え、お互いに協力して行動する。
  • 先達のチャレンジ精神を継承し、自ら考え、進んで行動する。
  • 法を遵守し、社会のルールに則して行動する。

 

企業理念および企業活動指針とコンプライアンス

アルファネット(以下、「当社」という。)では、上に掲げたグループ共通の「ミッションステートメント」を受けて、当社独自に『企業理念』を定め、また行動指針を『企業活動指針』として制定しています。
当社が、社会から信頼され、支持される企業となるためには、顧客、取引先、社員等様々なステークホルダー(利害関係者)の期待に応えていかなければならないと考えております。

今日、企業には、環境への配慮や社会貢献だけではなく、コンプライアンスが強く求められています。

コンプライアンスは、一般に「法令遵守」と訳されていますが、今日では法令の遵守だけでなく、社内規程や道徳・倫理を含めた社会規範の遵守を意味しています。

各社では、企業活動指針の中で、「法令やルールを遵守し、その立法の精神に即した行動を旨とする。」と定め、すべての従業員に対し、高いコンプライアンス意識をもって自律的に行動することを求めています。

以下に定める[行動規準]、[コンプライアンス体制]、[通報・相談窓口]は、「企業理念」、「企業活動指針」および「コンプライアンス規程」に則り、かつ、大塚商会グループ共通のコンプライアンスを踏まえてアルファネットのコンプライアンスに対する基本姿勢を示すとともに、従業員の一人一人がどのように考え、行動すべきかを記載したものです。

行動基準

当社では企業活動指針に掲げている事項を実践するための行動規準を、以下のように定めます。

お客様との関係
最適なソリューションやサービス&サポートの提供
私たちは、常にお客様の目線で的確にニーズを捉え、最適なソリューションやサービス&サポートを提供し、お客様の成長を支援します。
公正・誠実な事業活動
私たちは、各種業法を遵守し、公正かつ誠実な事業活動を行ないます。
従業員との関係
人権の尊重
私たちは、個人の人権を尊重し、差別的言動、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント等を行ないません。
成長や自己実現の支援
私たちは、従業員の仕事を通じての成長や自己実現を支援するために、必要な仕組み、制度、運用体制を構築・維持します
適切な処遇
私たちは、従業員が実現した成果、職務行動、職務遂行能力に応じて、公正かつ適切な処遇を行ないます。
健康および職場環境への配慮
私たちは、就労者の健康維持に配慮し、健全な職場環境を整備します。
アルファネット行動計画表(次世代育成支援)(PDF)
女性活躍推進法行動計画(PDF)
取引先との関係
取引先の尊重
私たちは、取引先を大切なパートナーとして尊重し、公正かつ適正な取引関係を築きます。
社会通念を超えた贈答、接待の禁止
私たちは、社会通念の範囲を超えた取引先への贈答や接待を行ないません。また、取引先からの贈答や接待を受けません。
社会との関係
社会貢献活動の推進
私たちは、心豊かな社会の創造に貢献するために、地域社会への貢献をはじめとして、広範かつ積極的に社会貢献活動を推進します。
環境保全活動の推進
私たちは、自然や社会とやさしく共存共栄する企業となるために、事業活動における環境負荷の低減および環境に配慮した商品やサービスの提供に努めます。
その他
独占禁止法の遵守
私たちは、公正な自由競争の理念を理解し、私的独占、不当な取引制限(カルテル)、不公正な取引方法を行ないません。
不正競争の禁止
私たちは、不正商品の販売や製造、営業秘密の不正取得や使用等、不正競争行為をしません。
監督官公庁との適切な関係
私たちは、監督官公庁への適時適正な報告を行ないます。また、公的機関の職員に対し、贈答や接待その他の利益供与を行ないません。
知的財産の適切な扱い
私たちは、自社の知的財産権を保護するとともに、他者の知的財産を尊重します。
情報の適切な管理
私たちは、守秘すべき情報(個人情報や顧客情報および自社の機密情報)を適切に管理し、正当な理由なく他に漏らしません。
反社会的勢力との関係遮断
私たちは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力には毅然とした態度で臨み、一切関係を持ちません。
利益相反行為等の禁止
私たちは、公私の区別をつけ、誠実に業務を遂行し、アルファネットの利益に反する行為をしません。

コンプライアンス体制

社内に監査室を設置し、コンプライアンスの徹底および強化を図ります。

役 割
1)コンプライアンス教育計画の策定
2)事業活動に係る潜在リスクの把握と予防策の立案
3)顕在化したコンプライアンス違反への対処方針の提言
4)再発防止策の立案
5)取締役会への提言と承認された方針や対策の推進

また、SB委員会を設置し、コンプライアンス違反への対処方針を策定します。
構成員
委員長:代表取締役社長
委  員:取締役会により選任された者(3年任期制)
事 務 局:監査室

通報・相談窓口

 コンプライアンス上の問題点の早期発見、対処、発生防止等を目的として、社内および社外用にそれぞれ通報・相談窓口を設置しています。コンプライアンス上問題がある、またはその恐れがある行為を知った場合は、各窓口までご相談ください。
 当社では、公益通報者保護法に則して『公益通報者保護規程』を制定し、「コンプライアンス・ホットライン」を整備して、通報の適正な処理に努めています。

通報・相談窓口(社内)
コンプライアンス・ホットライン(代表取締役 社長宛てのホットライン)
内容:重大な不正または違法行為発見時の相談、通報
監査室
内容:コンプライアンス全般の相談、通報
その他(管理本部担当役員宛てのホットライン)
内容:自己申告による場合の相談、通報
※各相談窓口は、目安を示していますが、利用に当たっての制限は設けておりません。
意見箱(専用ポストを本社4階に設置)
内容: レターや文書をポストに投函して、社長に通報、相談します。ポストは、
社長または監査室担当者が開錠し、原則として社長が開封します。
1) 不正または違反行為の発見、事実の確認依頼
2) 会社への提案・提言・要望事項
ハラスメント・ホットライン(社外相談窓口)
内容: 大塚商会グループで契約している専門のコンサルタントが対応します。セクハラ、パワハラなど ハラスメントに関する相談窓口です。アルファネット就労者も利用できます。
会社名と名前をお聞きしますが、匿名でも受け付けます。 相談者の氏名や相談内容は秘密として扱われ、大塚商会を始め、当社管理部や職場に知られることは絶対にありません。 但し、問題解決に際して、コンサルタントが必要と判断した場合は、相談者の承諾の上で、問題を顕在化することがあります。
相談方法 電話
電話番号 0120-726-489(フリーダイヤル)
受付時間 平日09:00から19:00まで(土日・祝祭日は休業)
通報・相談・お問い合わせ窓口(社外)
お客様相談室
E-mail:e-mail
電 話:03-5800-4311(大代表)
大塚商会コンプライアンス・ホットライン
内容:アルファネット社員(従業者全員)の不正または違法行為等の発見時、アルファネット社員以外からの通報を受け付けます。
電子メール:e-mail
専用固定電話番号:外線 03-3514-7900 内線 990-7900
受付時間:平日9:00-17:30
電話受付後、「コンプライアンス・ホットライン窓口通報フォーム」の提出が必要となります。
〒102-8573 東京都千代田区飯田橋2-18-4
株式会社大塚商会 本社ビル「CPLホットライン」行
相談者の保護
相談窓口では、相談者名および相談内容を守秘義務の下、相談者に不利益な処遇がなされないように保護します。
匿名での相談
相談窓口では、匿名での相談も受付けますが、相談者への影響度の高い具体的事案については、できるだけ実名でのご相談をお願いいたします。

以上

Page Top