先輩社員メッセージN

先輩社員メッセージ               2012年入社 テクニカルエンジニア


私は学生時代経済学を専攻し、また1年間休学しカナダへ語学留学もしていました。ITとは全く無縁で、自宅の妹が設定したルータも、就職し研修で習うまで存在job1に気付かなかったくらいです。(笑)アルファネットへ入社するきっかけは、登録していた就職エージェントからITエンジニアになることを勧められ、説明会に参加したことになりますが、私がIT業界の中で最もやってみたいと思ったインフラ分野で、構築から保守、運用まで幅広いビジネスを手がけており、色々な可能性にチャレンジ出来る点に魅力を感じたからです。文系女子からITエンジニアになることに不安はありましたが、入社後の研修でしっかりとITエンジニアとしての基礎を学べるということもあり、迷わず入社を決めました。

私が最初に配属された部署は、仮想化製品(VMware)のテクニカルサポートチームでした。仮想化製品のサポート業務は、仮想化基盤上に様々な製品が同居する複雑な環境でご利用されているお客様が多いため、問合せ内容が多岐に渡り、対応するエンジニアには豊富な経験と高いスキルが必要とされています。兎に角覚えることが多過ぎ、付いて行くだけで精一杯でしたが、新人時代にそのような環境で鍛えられたことは、とても良い経験になったと思っています。

現在は、VMwareテクニカルサポートチームから異動になり、技術本部に所属しています。アルファネットの技術本部は、アルファネットのITエンジニアを技術的に支援するチームです。構築や保守等でお客様をサポートするメンバーからの技術的な問合せに回答したり、お客様先での作業を支援しに行くこともあります。また、最新技術を修得し、社内展開する役割も担っています。技術本部の中では私が最年少ですが、周りの先輩は社内での役割柄、全員がベテランエンジニアです。未だに先輩に質問ばかりしていますが、経験豊富なだけに一つの質問から話が拡がり、色々なことを教えて貰うことが多く、とても恵まれた環境だと思っています。和気あいあいとしていて居心地も良いですよ。

私の現在の所属チームは、新人時代の仮想化製品テクニカルサポートとは内容は異なりますが、豊富な経験と高いスキルが必要となります。周りの先輩は、皆幅広い知識を持ちながら、「この製品のことはこの人」という得意な技術を持っています。私も将来はそのようなマルチなスキルもあり、スペシャルなスキルも持っているITエンジニアになりたいと思っています。

私はアルファネットに入社して良かったと思っている点が二つあります。一つは優しくて面倒見が良い人ばかりという点です。実際、私は入社依頼一度も人間関係で嫌な思いをしたことがありません。入社試験の時に面接官からアルファネットの面接は、人柄重視と聞いていましたが、だからこそ優しくて面倒見が良い人ばかりなのかもしれませんね。入社して良かった点のもう一つは、自由な社風です。例えば、自分がやってみたいと思うことを私のような若手社員でも積極的に提案できる風土がありますし、やりがいを感じている社員も大勢いますよ。公募制度を利用したり、社長や役員との会食で会社の上層部へ意見を言える機会も数多くあります。実際に社長会食の席上で提案したことが、翌日の会議の議題に上がったという話を聞いたこともあります。

オフでの私は、インドア派で映画鑑賞や読書をして過ごすことが多いです。時間を見つけて資格の勉強もしており、今は応用情報技術者の資格取得を目指しています。目標は、マルチなスキルもあり、スペシャルなスキルも持っているITエンジニアになることですが、先ずは幅広い知識を身に付けマルチスキルを磨き、ゆくゆくは身に付けたスキルの中からスペシャルなスキルを磨いていきたいと思っています。現在目指している資格も、マルチスキル磨きの一環ですね。私のようにIT知識ゼロの状態で入社した仲間も大勢いますし、これからITエンジニアを目指す皆さんも、やる気さえあれば大丈夫です。安心して飛び込んできてください。