先輩社員メッセージN

先輩社員メッセージ               2009年入社 ITサービスエンジニア


私とアルファネットの出会いは、海外留学中に参加したキャリアフォーラムの企業ブースでした。IT系企業のブースを数社訪問したのですが、その中でアルファネットのユーザーサポート業務を是非やってみたいと思いました。大学で心理学を専攻していた私は、他人を何かしらの形でサポートしたり、教えたりする仕事に興味を持っていたことに加え、面接官から聞いた「お客様と直に接し、お客様のシステムトラブルを解決する仕事のやりがい」に共感したからです。とは言えITとは全く無縁の生活をしていた私は、入社直後は本当にITエンジニアになれるか不安で、スタッフ部門に配属されると思っていました。ところが、入社してわかったのは同期入社社員の半数以上が文系出身者で、ITの知識は私と大差ありませんでした。皆、研修が充実していることを聞いて入社を決めたと言っていましたので、ホットした気持ちになりました。

私が最初に配属された部署は、仮想化製品(VMware)のテクニカルサポートチームでした。入社前に希望していた業務に就くことが出来たわけですが、始めは問合せを頂いたお客様の質問の意図が理解出来ず苦労したことを今でも覚えています。技術的な知識は先輩から教わったり、研修や自習で補っていくことができますが、電話の向こうの顔が見えないお客様が「何故このような質問をしてくるのか」「何をどうしたいのか」を理解していない状態で対応していた結果、対応完了までに必要以上の時間を使ってしまうことが多かったように思います。こういった対応力は研修や自習では補えませんので、トレーナーの先輩社員に毎日必死で質問ばかりしていました。必死で質問ばかりしていた成果なのか、3年目の時に初めて新人のトレーナーを任されました。
 
現在は、SIサポート課という部署に所属しています。この部署では、お客様のサーバやPC導入の際の基盤設計や構築作業を受託するサービスを提供しています。案件の規模はサーバ1台から数百台まで大小さまざまで、規模や難易度により1名で作業を行うこともあれば、プロジェクトチームを組んで対応していくこともあります。私は1名での作業を完全に任されることはありますが、プロジェクトリーダーを務める程の実力は着いていません。プロジェクトを切り盛りする先輩を見ていると「凄いなぁ」と思いますが、私もいつかはプロジェクトリーダーを任されるようになりたいですね。
基盤設計や構築の業務は、社内のキッティングルームでの作業や自席で仕様書を作成することもあれば、お客様先で設置作業や動作試験を行うこともあります。時折出張もありますが、エンジョイしてますよ。勿論、限られた時間内で確実に作業を完了しなければならないプレッシャーはありますが、ご当地グルメを堪能したり、初めて行く土地は特に楽しみにしています。

SIサポート課では、営業の商談に同席する機会が多いです。エンジニアの立場で商談がスムーズに進むよう、営業をサポートする役割を担います。私の場合は、仮想化製品のテクニカルサポート経験で身に付けた知識を活かせるよう積極的に発言するようにしていますが、私が同席した商談が成約できたという報告を聞くととても爽快感がありますね。時には、その商談の作業を私が担当することもあります。自分の活動や作業の結果が直接売上に結びつきますので、作業が完了した時には、とても達成感があります。
他のメンバーもこういった爽快感や達成感がモチベーションになっているのではないでしょうか。皆が前向きで明るい職場だと思います。ずっとこの会社で働いていたいですね。