設計構築 齋藤 風香

入社の決め手は「新しいことに挑戦し続ける会社」

アルファネットに入社した決め手は、入社面談での「新しいことに挑戦し続けたい」という社長の言葉に共感できたことです。そして、私自身もチャレンジし続けられる仕事がしたいと考えていたため、アルファネットであれば実現できると思い入社しました。

また、福利厚生が充実しており提携している宿泊施設を安く利用できるところにも惹かれました。今では案件が落ち着いている時に宿泊施設を利用してリフレッシュしています。

コミュニケーションが重要であることを実感

私はサーバインフラ設計および構築を担当しています。主に仮想化製品の設計構築が中心ですが、経験のない新しい製品の設計や構築を行うこともあります。
仕事をする上では、技術的なナレッジやスキルも大事ですが、それよりも関係者とのコミュニケーションが重要だと考えています。コミュニケーションが不足していると不要なトラブルを発生させてしまい、プロジェクトの遅延にもつながるので、コミュニケーション能力が高い先輩方を見本にして、内容を的確に伝えられるよう日頃から意識をしています。

必要不可欠な環境を提供していることに、大きなやりがいを感じる

お客様の業務に欠かせない必要不可欠なシステムを構築するということに大きなやりがいを感じています。「出社してログインする」「ファイルサーバーのファイルを参照する」等、お客様にとっては普段の行動ですが、設計構築の際にひとつでもミスをしてしまったら、必要不可欠なお客様のシステムに致命的な影響を与える可能性があります。
そのことを念頭に置いて、事前に社内で十分な検証や準備をして作業に臨んでいます。

お客様から信頼される人物になる

アルファネットに入社して強く意識するようになったのは、「社員の行動が会社のイメージを創る」という点です。アルファネットではヒューマンスキルの研修にも力を入れており、自分自身の言動に責任を持つことの重要さを学びました。
また、エンジニアとして新技術を学ぶための継続力や業務を円滑に遂行するための協調性など、実際の業務からも学ぶことが多く、社会人として成長していることを実感できます。

アルファネットの「人」が好き

アルファネットの好きなところは、「人」が良いところです。私の周りには信頼できる先輩や後輩が多く一緒に仕事する上で非常に心強いです。入社1年目はトレーナーの先輩から丁寧に指導していただきました。2年目以降も判断に迷うことや、スキル面で不安な時は先輩方に相談しサポートしてもらっています。
また、最近では私自身が後輩を指導する立場になり、私自身がお手本となれるよう邁進しています。

任された仕事は責任を持って遂行する、信頼できる社員ばかりです。

採用エントリーはこちら