ITインフラをトータル支援するサポートサービスインテグレーター

株式会社アルファネット

サイバーセキュリティ

e-learning(e-ラーニング)

攻撃を防御する対策がなされたオフィスとは異なり、テレワークでの勤務は、大事な情報資産のウイルス感染、テレワーク端末の 紛失・盗難、通信内容の盗聴等「脅威」にさらされやすくなっています。仮に社内のルールが定められていても、 しっかりと理解し守られなければ意味がありません。テレワーク勤務者のセキュリティリテラシーを向上させる事によって、 フィッシングや標的型攻撃などの被害をうけにくくなります。e-learningトライアル受付中です。

こんな悩みをお持ちのお客様にお勧めのサービス

  • テレワークを実施しているが、社員のセキュリティリテラシーが心配。
  • 勤務場所に左右されず、全社員にセキュリティ教育を行いたい。
  • 社員の受講履歴やセキュリティへの理解度を管理したい。

 arrow.png

アルファネットなら...

いつでもどこでも情報セキュリティ教育を実施することが可能なe-learningをご提供します。
e-learningトライアル受付中です。 トライアルお申し込みフォーム

  • 広く一般的なセキュリティの知識から脅威事例まで!
  • 漫画形式も取り入れた飽きのこないコンテンツで学べる!
  • 最後には理解度チェックテストに挑戦! (進捗管理も簡単に)

e1.gif

e-learning導入メリット

e-2.gif

  • テレワーク中でも全社員が受講可能
    情報セキュリティ教育は短期間で、しかも全就労者に対して行う必要があります。
    インターネットに繋がっていれば、いつでも学習することが可能です。
  • 受講者の受講履歴・理解度テストの採点が自動化される
    受講履歴や理解度テストの管理も自動で行い、簡単にリスト出力が可能です。
  • 受講者、会場、講師のスケジュール調整が必要ない
    PCがあれば受講が可能。社員の好きな時間に教育を受けることが可能です。

e-learningの教材内容

身近な事例で学ぶ情報セキュリティ

e-6.png実際に起こっている情報セキュリティ事件・事故の事例から、日常の業務の中で注意しなければならない情報セキュリティ対策について学習できます。個人情報保護の重要性や、標的型攻撃やランサムウェア、ビジネスメール詐欺等、近年ますます巧妙化する攻撃の手口についての解説と対策、SNS利用時の注意点についても収録しています。2020年度版では、2019年に発生したセキュリティ事故・事例を踏まえた内容の見直しと、近年、働き方改革の推進により増加している、「シャドーIT」の脅威とそのリスクの解説について追加しています。


e-learning 目次

第1章 情報セキュリティと個人情報保護

  • 情報資産と情報セキュリティ
  • 個人情報の定義と取り扱い
  • 個人情報漏えいによる社会的影響
第2章 オフィスにおける脅威と対策

  • ソーシャルエンジニアリング  
  • 機器の管理
  • 適切なメールの利用
  • シャドーIT
第3章 ネットワークにおける脅威と対策

  • ウィルスの脅威
  • 巧妙化する攻撃の手口
  • SNS利用時の注意事項
  • ID・パスワード管理

e-learning受講機能

e-learningのTOP画面からIDとパスワードを入力しログインします。受講したいコースを選び受講スタート。ログインから受講まで、画面は至ってシンプルなので、視覚的に学習を行うことが可能です。

e-3.png

テストには問題の解答には解説がついています。仮に不正解であっても解説を読めば、すぐに理解できるようになっています。

e-4.png

管理機能(受講履歴参照)

e-learningの学習結果(受講履歴)を参照することができます。CSVファイル形式のデータ出力もできますので、学習結果を自由に加工することも可能です。

e-5.png

e-learningトライアル

e-learning無料トライアルを受付しています。実際の動作、受講内容をご確認ください。お申し込みは下記のフォームからお申し込みください。
トライアルお申し込みフォーム
Page Top