ITインフラをトータル支援するサポートサービスインテグレーター

株式会社アルファネット

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティトレーニング~オンライン研修~

サイバー犯罪者などによる不正侵入やセキュリティ侵害は、実際に遭遇しないと理解できないことが多くあります。実施しているセキュリティ対策の有効性確認や課題を抽出のためには、実際のインシデント発生を想定した演習による日常的な準備と改善が重要です。

本セキュリティ研修はセキュリティ人材を教育するためのトレーニングですが、守る方法を理解するだけでなく、攻め方を知ることにより、守り側に何が必要なのかを考えることができる体験型のセキュリティ研修となっています。

こんな悩みをお持ちのお客様にお勧めのサービス

  • 社員のセキュリティ意識を高めたい
  • セキュリティに関する知識、技術を持った人材がいない
  • 標的型攻撃対策としてセキュリティ教育を行いたい
  • 社内でセキュリティ研修を行いたい

arrow.png

アルファネットなら

アルファネットのサイバーセキュリティトレーニングは、セキュリティ・ハッカーによる攻撃などの最新情報から、企業としてのセキュリティ対策やインシデント対応の必要性を演習を通して理解を深めます。

オンライン研修

オンラインでサイバーセキュリティトレーニングの受講が可能です。受講時にパソコンとインターネットの環境をご用意いただければ、どなたでご参加可能です。

必要な環境

  • パソコン(インターネット接続可能)
  • Webブラウザ
  • Webコミュニケーションツール(Teams またはZoom)
  • Webカメラ、マイク、スピーカー

オンライン研修の演習環境

  • 研修毎に作成される「クラスルーム」にWebコミュニケーションツールで参加し、研修を受講します。
    オンライン研修では、Webコミュニケーションツールを活用することで、 (オンサイトの集合研修と同様に)講師と双方向の会話が可能です!
  • online_t1.png
  • 研修における演習は、クラウド上に用意された演習環境を利用して実施します。Webブラウザのみで実施が可能です!
online_t2.png

実施要項

日程 2021年2月17日(水)、18日(木)
アジェンダ 1日目(10:00~17:00)
1.環境を取り巻く現状
 演習) Wi-Fi アクセスポイントのパスワードクラック
 演習)ブルートフォース攻撃、ハッシュパスワードクラック
2.巧妙化するマルウェア
3.標的型サイバー攻撃
 演習)マルウェア作成、標的型メール攻撃、遠隔操作
4.インシデント事例に学ぶ
5.セキュリティ対策の考え方
6.内部脅威への備え

2日目(10:00~17:00)
7.セキュリティ関連の法規
8.サイバー演習
  演習)ターゲットシステムの調査
  演習)脆弱性スキャン、脆弱性悪用による不正侵入
  演習)マルウェア調査、攻撃痕跡(侵入経路)の調査
9.セキュリティガイドライン
10.安全管理措置の紹介
実施方法

オンライン研修(インターネットの環境をご用意ください。)
※研修は、職場やご自宅で受講可能です。普段お使いのパソコンから受講が可能です!
(パソコンは、Web カメラ、マイク、スピーカーをご用意ください)
研修時における演習は、クラウド上に用意された演習環境を利用して実施します。

参加人数

5名以上15名以内での開催となります。(20名程度まで対応可能)
※企業1社向けの開催や貴社へ出向いてのセキュリティ集合研修も可能!
お気軽にお問い合わせください。

受講料 ¥150,000/人 (税別)

 

サイバー演習の進め方

トレーニングはレッドチームとブルーチームで別れゲーム形式の演習を通して、サイバー攻撃の実態とセキュリティ対策の必要性を理解します。


レッドチーム:サイバー攻撃者の思考や手口への理解を深めます。
ブルーチーム:初動対応や状況把握のポイントを理解します。

サイバーセキュリティトレーニング

脆弱性を発見
システムへの侵入
機密情報を搾取

情報収集と状況認識
問題発見と原因調査
対策案の策定と報告



サイバーセキュリティトレーニング演習内容

コース内容

本コースでは、ゲーム形式の演習を通して、サイバー攻撃の実態とセキュリティ対策の必要性を理解します。

オススメ受講者

IT管理者・運用担当者、管理職、エンジニア、CSIRTメンバー、SOC運用者
サイバー犯罪の実態を知りセキュリティ対策に活かしたい方
セキュリティ対策の必要性を理解し改善検討に活かしたい方

あると望ましい知識やスキル

ネットワークやOSに関する基本的な知識
※演習手引きがありますので、知識やスキルがなくてもご体験頂けます。

※本研修は、ストーンビートセキュリティ社による提供となります。

セキュリティ記事

Page Top